• 福岡雙葉学園トップ
  • 学園案内トップ

学校法人福岡学園 理事長  麻生 泰

理事長挨拶

福岡雙葉学園は「グローバルシティズンづくり」を加速させて参ります。


  社会の複雑化、少子化が進んでいく中で、社会が求める人物像の変化が、私たちの教育事業に大きく影響しており、今、学校運営においては明確な方向性を持った対応が求められています。私はこの対応について「グローバルシティズンによるグローバルシティズンづくり」の方針をさらに進め、明確な目標を設定し達成していくことで福岡雙葉学園の魅力をつくり、この困難を克服していきたいと考えています。
 これまで多くの生徒たちと接する中で、カトリック学校の理事長としてのやりがいの大きさ、教育事業の奥深さを再確認しました。神様を身近に感じている生徒たちの思いやり、温かさを強く感じ、雙葉の教育の成果を強く感じています。日本人が失いかけているこの精神性を生徒全員が身につけ、「雙葉は違う」と周りから評価されるようにしたいと思います。
 そして、新たに文部科学省の「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」に指定されたことによって視野・経験の拡大機会が増え、生徒達が生き生きとしている姿を嬉しく見守っています。単にテスト結果の評価・判断だけでなく、自分の意見を持ち、相手の目を見て話を聞き、考えていく力=コミュニケーション力が大事です。生徒が実際に英語を使う機会を増やし、真の意味で英語に強い雙葉を目指します。

学校法人福岡学園 理事長  麻生 泰

理事長教育方針

神に愛されている自分が恵まれていることに気づく

カトリックの学校としての雙葉学園の存在理由はここにあります。
神がおられる、という確固たる信念に基盤をおいているからです。
神から生かされ愛されていることに感謝の気持ちを常に持ちその心を持って相手の人にも応えましょう。

神から与えられた能力をともに伸ばす

一人ひとりが持っている能力は神さまをはじめ周りの多くの人から頂いた恵みです。
感謝の気持ちで受け入れてそれらをともに伸ばしていく責任と生きがいを持ちましょう。

地球社会の一員であることを自覚して役立つ

自分達の地域、国を愛し他の国の人とも本当の友達になれ、他人のことも考えることができる“グローバルシティズン”になりましょう。