• 福岡雙葉学園トップ
  • 学園案内トップ

2018(平成30)年度 同窓会の活動報告

※集合写真
(上)先生方と当番幹事(新51回生)
(下)先生方と新会員(新69回生)

平成30年度 同窓会総会

 8月4日(土)ホテルオークラ福岡『平安の間』にて、総勢118名が一堂に会しました。卒寿、傘寿、喜寿の先輩方や2組の母娘会員がご参加くださいました。また新たに25名の新会員を迎え、級友や担任の先生への近況報告で盛り上がっていました。

 今年度は2000年卒業の新51回生が当番幹事で、準備から総会後の反省会まで、すばらしいチームワークで運営してくださいました。アトラクションでは多久島法子さん(新51回生)に能楽を披露していただきました。笛の音とともに会場の雰囲気が一気に変わり、日本の伝統芸能を堪能いたしました。校歌合唱では、長年吹奏楽部のご指導にあたられた服部康一先生が指揮をとってくださいました。

 また、抽選会では、九州北部豪雨復興支援として、梶原成美さん(新38回生)制作の小石原焼などをご用意し、教頭先生方に引いていただいた抽選番号が発表されると、あちらこちらで歓声があがっていました。

 西山和幸名誉会長より、「雙葉の歩み」としてスライドの写真とともに雙葉の成り立ちから85年の歴史をお話しいただき、卒業生として新たに知ることもあり勉強になりました。

 また、会場で呼びかけました平成30年度西日本豪雨災害義援金は16,450円集まりましたので、福岡市を通じて送らせていただきました。ご協力に感謝いたします。

 総会にご参加くださった先生方、同窓生の皆様、ありがとうございました。来年度の同窓会総会懇親会は、8月4日(日)に予定しております。総会に参加されたことのない同窓生の方々のご参加もお待ちしております。詳細が決まり次第、ホームページや会報誌などでお知らせいたします。

雙葉祭

9月16日(日)に雙葉祭が開催され、お天気に恵まれ多くのお客様で賑わいました。 同窓会コーナーでは、同窓生の方々に提供していただいたフェルトのふたばちゃん人形、刺繍マルチクロス、ティッシュケース、手作りアクセサリーや、全国各地の修道院菓子、ネグロス島女子手刺繍カードを、お手伝いの同窓生と共に販売いたしました。

 また今年から同窓会グッズに‘ふたばちゃんポストカード‘が仲間入りしました。同窓生手作りのふたばちゃん人形が、懐かしい学園を背にポーズを決める姿はとても可愛らしく、ご好評いただきました。

 オリジナルデコベアコーナーは今年も大盛況で、用意した多くのベア、カピバラ、ハリネズミが、子供たちの手により次々に「たった一つの宝物」に変わっていきました。

 当日は、卒業以来、あるいは久し振りに来校された同窓生が多数あり、恩師や旧友との再会にあちらこちらで歓声があがっていました。

小学校文化祭

10月28日(日)、小学校文化祭が開催され、同窓会コーナーにもたくさんのお客様がいらしてくださいました。 同窓会では、校章入りの文房具、FBマーク入りミニタオル、刺繍マルチクロス、ネグロス島女子手刺繍カード、新発売のふたばちゃんポストカードなどを販売いたしました。ぐらちあ会の皆様の手作り品も大好評でした。お手玉や、花嫁衣裳の帯のテーブルランナー、イニシャルキーホルダー、アクセサリー、手編み小物などを買っていただきました。

 雙葉に関わるたくさんの方々とともに過ごす事のできた、素敵な一日となりました。

第44回関西支部同窓会

今年は同窓生のシスター、藤松 薫さん(新14回生)のご厚意で、小林聖心女子学院 マイヤーホール(兵庫県宝塚市)にて11月11日(日)の秋晴れの日に開催されました。

近年、関東・中部・九州在住の同窓生のご参加も増え、親睦の輪が広がっています。西山校長先生、梶原副校長先生より学園の近況を伺い、また、小林聖心女子学院の母体「聖心会」創立者 聖マグダレナ・ソフィア・バラ、そして「幼きイエス会」マザーマチルドの生涯について、同学院で40年教えられてこられたシスター藤松より、お話を伺いました。

美味しいお食事、お菓子フルーツに、今年はケーキビュッフェもあり、バザーと空くじ無しのくじ引きタイムで盛り上がりました。

校歌を合唱した後は、広く手入れされた学院内に点在する校舎、聖堂、施設を見学させていただきました。

 古賀晃子支部長(新23回生)はじめ、関西支部会員の皆様、ありがとうございました。

追悼ミサ

11月17日(土)にカトリック浄水通教会にて、同窓会追悼ミサが行われました。お天気に恵まれ、50余名の参列者をお迎えし、森山信三神父様の司式のもと、学園関係者の物故者33名のご冥福をお祈りしました。

今年は、森山敬三先生を偲んで新22回生の同窓生有志の方によるハンドチャイム演奏がありました。皆で聖歌を歌いお焼香をして、物故者の方々を思いながら心をひとつにお祈りしました。最後には懐かしい校歌を合唱しました。

ミサの後には信徒会館にて茶話会をもち、懐かしい同窓生と久しぶりに話すことができて、故人が結んでくださったご縁に感謝するひとときとなりました。

第57回関東支部同窓会

11月18日(日)、幼きイエス会ニコラ・バレ修道院の聖堂にてお祈りの会、その後会場を移して食事会が開かれました。

お祈りの会では、シスター マリアセシリア難波のオルガン伴奏で聖歌を歌い、聖歌隊の青いリボンを結んで歌った頃を思い出しました。会食では、西山校長先生から中学校の修学旅行のお話があり、それぞれの世代の修学旅行話でも盛り上がりました。最後には校訓を唱え、思わず昔のままに朝の挨拶を続けてしまうほど、学生時代に戻るような和やかな楽しい雰囲気でした。

ネグロス雙葉会および同窓会グッズのバザーも大盛況で、人気の品は早々と売り切れるほどでした。事務局でもメールオーダーできますのでご利用くださいませ。

 森山英子支部長(新26回生)をはじめ、幹事学年の新49回生、サポートチームの皆様、関東支部会員の皆様、ありがとうございました。